毛穴 化粧品

毛穴化粧品

人間の肌には、誰にでも毛穴があるものですが、目立ち具合には、肌の「ハリ」や「弾力」が大きく関係しています。
人間の肌は老化し始めると、肌の弾力の低下によって、毛穴が開きっぱなしの「開き毛穴」になるケースが多いものです。

 

老化というと、50代くらいをイメージするかもしれませんが、肌の場合の老化は20代後半からと考えた方が良さそうです。
20代後半から、すでに、肌のハリや弾力は低下し始めているんです。

 

肌のハリや弾力が低下してくると、毛穴周辺の肌細胞がくぼむので、毛穴が開いてしまい、大きく見えるようになってきます。
さらに年をとると、下方に楕円形にたるむ「たるみ毛穴」が目立ってきます。

 

 

開いたりたるんだりしている毛穴部分は、毎日のケアでしっかりパッティングすることが大切です。
毛穴の気になる部分には化粧水を肌全体にたっぷりとなじませて、やさしくパッティングしましょう。
そうすると、開いた毛穴が引き締まります。

 

そして、毛穴を引き締めた後は、肌の水分が出て行かないようにフタをしてあげましょう。
美容液、乳液、クリームなどを使って、肌の表面に薄い膜を作ってあげると、水分が逃げにくくなります。

 

あと、引き締めと同時に、毎日メイクにおいても、毛穴を目立たせないアイテムが必要となってきます。
たるんだ毛穴が気になる肌も、メイクアイテム次第で、毛穴レスの肌に仕上げられます。

 

メイクアイテムとして役立つのは、「下地」です。
毛穴の凹凸をなめらかに整えて、フラットな肌を演出してくれる便利なアイテムです。
ファンデーションを塗る前に、毛穴が気になる部分に擦り込むようにして塗ります。
そうすると、キメの細かい肌のベースが出来上がります。

 

そして、ファンデーション選びも重要です。
ファンデーションは保湿力があって、肌にきちんと密着し、ヨレないものであることが大事です。
保湿効果が高くて、カバー力のあるものを選ぶと、薄付きでも毛穴レスの肌に仕上げられます。

 

肌が乾燥していると下地やファンデーションのノリが悪く、毛穴が目立ちます。
メイクの前にたっぷりと保湿ケアして、肌にハリを出すことが重要なポイントです。
十分な保湿ケアをすることで毛穴の隙間が埋まり、下地やファンデーションのノリが良くなり、しっかりと毛穴をカバーすることができます。
ここで言うファンデーションとはパウダータイプで出来ればミネラルファンデーションが最適です。
リキッドは毛穴に入り込んでしまうというデータがありますので出来るだけお肌に優しいミネラルファンデーションが良いでしょう。

 

ミネラルファンデと言えば、私がいつもミネラルファンデ選びで見ているHPがあるんです!
ミネラルファンデーションのHP

 

私はミネラルファンデに変えてから毛穴が綺麗になりました!

 

毛穴は隠すだけでは良くありません。
メイク術も大切ですが、スキンケアが第一です。
正しいスキンケアで肌表面を整えて、毛穴レスでなめらかな美肌を目指しましょう。

 

またシミが気になってきたときには専用コスメや美容液が本当に効果的です。私も実際に、毛穴対策の後にシミ消しを行ったらかなりうすくというか
ほぼ消えました。